cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーミング製品の公式インターネット速度改善ソフトです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

UniFi Security Gateway 3Pのポート転送を有効にします


UniFi Security Gateway 3P Step 1

1 UniFiコントローラーをLaunch a Browser to Manage the NetworkLaunch a Browser to Manage the Network 」をクリックします。これにより、ブラウザが起動し、ユーザー名とパスワードを入力してUniFi Security Gateway 3Pの管理サイトにアクセスします



UniFi Security Gateway 3P Steps 2-5

2 管理サイトで「 Settings 」をクリックします

3 Routing & Firewall 」をクリックします

4 Port forwarding 」をクリックします

5 Create new port forward ruleする」をクリックしCreate new port forward rule



UniFi Security Gateway 3P Steps 6-8

6 ルールの説明を入力します。この例では、「 HTTP_to_PersonalNetComputer 」という名前HTTP_to_PersonalNetComputer

7 トラフィックを受信するポート番号と、トラフィックの転送先のIPアドレスとポート番号を入力します

8 Save 」をクリックしSave



UniFi Security Gateway 3P Steps 9-10

9 左ペインの「 Devices 」をクリックします

10 Provisioning 」ステータスが「 Connected 」に切り替わるまで待ちます



これで、コンピューターのポート転送が構成されました!

UniFi Security Gateway 3Pのポート転送を有効にしますUniFi Security Gateway 3Pのポート転送のアクティベーションに関する説明