cFosSpeedは、ASUS、GIGABYTE、ASRock、MSIゲーム製品の公式インターネットアクセラレータです。

10ヶ所以上修正のお手伝いをして頂けると、無料ライセンス(cFosSpeed)を差し上げます。
一部のテキストは機械翻訳にて翻訳されているます。これらのテキストの改善にご協力ください。ボタンをクリックすると改訂モードを開始します。

ヒント
優先順位付けは、可能な限り少ないデータに高い優先順位が与えられた場合にのみ適切に機能します。大量のデータを送信するプログラムの優先度を低くします。

プログラムの優先順位付け

最初に、cFosSpeedは各接続のレイヤー7プロトコルの検出を試みます。検出されない場合(つまり、プロトコルがUNKNOWNである場合)、または検出されたプロトコルの優先度が「通常」の場合、プログラム検出を使用して優先度が決定されます。

特殊なケースは、HTTPストリームの検出です。検出されたプロトコルがHTTPの場合、cFosSpeedはそれがビデオまたはオーディオストリームであるかどうかを検出しようとします。これは次のように機能します。

ユーザーエージェントが既知のプレーヤーの1つであるか、サブストリング「player」が含まれている場合、cFosSpeedは接続をHTTP_STREAM_CまたはHTTP_STREAM_Sとして分類します。それ以外の場合、コンテンツタイプがオーディオまたはビデオの場合、接続はBSTREAM_CまたはBSTREAM_Sとして分類されます。 BSTREAM_C/S接続は、「通常」として優先順位付けされるため、実際の優先順位はプログラムの優先順位付けによって決定されます。
これにより、たとえば不確実な場合に、プログラムの使用に応じて優先順位を付けることができます。


優先順位付け

優先順位付け-重要なストリームを最優先に

最も一般的なネットワークプロトコルの優先度を調整できるため、それを使用するすべてのプログラムが自動的に正しい優先度を持ちます。さらに、個々のプログラムの優先度を設定できます。これは、たとえば、ゲームやビデオの表示中にダウンロードが遅れを引き起こさないことを意味します。

すでに優先順位が付けられているプログラム


接続のオンザフライ優先順位付け

接続の概要 / 接続のオンザフライ優先順位付け

一目で、どのプログラムが帯域幅を使用しているかがわかります。 cFosSpeedを使用すると、優先度を一時的に変更して、転送速度を上げたり、タイムクリティカルなアプリケーションの待ち時間を短縮したりできます。

1) 優先度を下げる
2) 優先度を上げる

cFosSpeedドキュメントプログラムの優先順位付け優先順位付けスキームの仕組み。