» Press release
This page is not sufficiently translated!
Get a free license (cFos, cFosSpeed or cFosBC) for helping us.
More information

cFos logoプレス・リリース
(2011年2月10日)

新バージョン:主要な機能を備えたcFosSpeed バージョン6.0!

cFosSpeed - インターネットアクセラレータ

cFosSpeed は既存のインターネット接続に付加するネットワークドライバーで、トラフィック・シェーピングを使ってデータ転送を最適化します。トラフィック・シェーピングは最小限のピング時間を確保して最大転送速度を得るインターネットトラフィックを最適化するための方法です。

cFosSpeedは、DSL、ケーブル、UMTS、ISDNなどのような種々様々の接続タイプをサポートします。

 New feature: Packet-Loss Avoidance
Today's high download speeds often result in buffer overflows in the broadband POPs. This leads to packet loss and reduces the transfer speed and increases the ping time (because of TCP retransmits). Now cFosSpeed detects such buffer overflows early and prevents packet loss by continually adjusting the download speed.

Packet-Loss Avoidance also aids the download Traffic Shaping. cFosSpeed's unique RX-Shaping feature can now reduce ping times to until now unprecedented values. Without RX-Shaping fast downloads unmistakably tie up your Internet connection. With cFosSpeed they are now hardly noticeable.

ping time decrease

 Decisive Traffic Shaping improvements
All Traffic Shaping regulation parameters for the sending and receiving direction have been re-adjusted and optimized. This results in even lower ping times while allowing maximum upload and/or download speeds, see graphics below.

cFosSpeed's regulation quality is also important for ping variance / jitter. This improves the MOS value for VoIP connections.

cFosSpeed now allows you to manually setup the delay regulation parameters. Depending on the application the user can configure the desired maximum ping times for upload and download. This means that the user can manually reduce ping times at the expense of upload or download speed.

 Extremely low ping times in "low-latency" mode
Hardcore gamers and VoIP users can now benefit from low-latency mode with even lower delays. In this mode cFosSpeed favors ping times even if this results in slightly decreased transfer rate.

 Tons of other improvements and bugfixes, for details see WHATSNEW.TXT.

に記事のために無料で使えるアートワーク、スクリーンショット、ボックスショットがあります
http://www.cfos.de/en/presse/samples.htm

cFosSpeedは30日間の体験版( http://www.cfos.de/download にて無料ダウンロード)あるいはバージョン4.09完全版のいずれかが入手可能 1990 円.

推薦動作環境: ウィンドウズ7、Vista、XPおよびServer 2003/2008 (x86とx64版)

ホームページ (英語およびドイツ語と個々のセクションでほかに26の言語):

http://www.cfos.de

配給記事:
cFosソフトウェア有限会社、ボン(ドイツ)は、1993年以より異なるオペレーティング・システムのためのファインチューニング・コミュニケーションドライバを開発しています。当社の主な製品はブロード バンドのための高性能トラフィックシェーピングドライバー「cFosSpeed」IPv6ダイヤルアップドライバー/ソフトウェアルータ「cFos IPv6 Link」および「cFos」と高機能DSL / ISDNダイヤルアップドライバー「cFosブロードバンドコネクト」です。

このサイトのご利用について:
当社は、cFos、cFosブロードバンドコネクト、cFos IPv6 Link、およびcFosSpeedの最も最近リリースされたシェアウェアバージョンを雑誌の付録CDに収めることを許可するものとします。 その他のライセンシングに関しては、当社のライセンステキストファイル( LICENCE.TXT )を参照してください。 当社ホームページ上のテキストおよびアートワークは評価目的として雑誌等に利用可能です。

コンタクト:
Martin Winkler,
Email via http://www.cfos.de
Tel. +49-228-7669826

Powered by cFos Personal Net Web Server
Practice random kindness and senseless acts of beauty